フレンチブルドッグの健康と体調は食事とおやつで管理しよう!

フレンチブルドッグ、通称フレブルは体調を崩しやすい犬です。ヘルニア、股関節の異常、皮膚炎、食物アレルギーなど放っておいたら悪化します。自宅での食生活や運動、サプリメントで早めの健康管理をしておけばペット病院に行く機会を減らします。普段の心がけが大切です。

琴線に触れるフレンチブルドッグとの小屋生活

フレンチブルドッグの温かみが高価なものに。の続き

ご無沙汰しております。

先日何気なくテレビを見ていた時のことです。

自宅の敷地に母屋とは別に小さな小屋を建てて住んでいるご主人がでてました。

奥さんと子供は母屋で、旦那は小屋で、という奇妙な形でした。

 

その後、人里離れた土地に小屋を建てて、ひと月3~4万で生活する独身男性が出ていました。

その人は確かヤギと一緒に住んでましたね。

 

f:id:tonikakuganbaru:20190504134919j:plain

 

ちょうどこの番組を見る前に、最近外国のサイトを見ていました。

向こうでは「TINY HOUSE(ちっぽけな家)」というロゴで本やYtubeでも、ちょっとしたブームになっているようです。

かなりオシャレな家がたくさん出てました。

家だけでなく、トレーラーハウスもありました。

 

それが妙に気になっていたところに、日本のテレビでタイミングよく小屋生活の番組をするもんですから、私はハマっちゃいましたね。

 

どうハマったかというと、いくつか理由があるんですが、まず何といっても、

 

①自分だけのスペース

女性はどうなのかわかりませんが、男はほぼすべてと言っていいほど、自分だけの”秘密基地”が大好きなんです。

これはもう理屈抜きです。

子供の時に体験した「わくわく感」が、もうとっくに消えたと思っていたのに、鮮明によみがえってくるんです。

 

②ミニマリスト的な生き方

日本でも「断捨離」という言葉が流行っていますが、海の向こうでも、持ち物を少なくすることが静かなブームになっているようです。

経済的な面から言えば、普通の一戸建ての家やマンションを買ってのローンの金額がほぼゼロか、あっても1/10程度になれば、収入が減ってもストレスのない生活ができます。

 

持ち物を少なくすることの幸福感のようなものをどう説明するか。

 

例えば、山にキャンプに行くとします。

慣れないうちは、あれも必要、これも必要、あれを忘れたら大変だ、とついつい大荷物になります。

それがだんだん慣れてくると、少しずつ持ち物が減っていきます。

これが無くてもやっていける、これがあれば大丈夫だ、と一つの道具でいろんな事が出来ることに気が付きます。

ベテランになると、ナイフとコーヒーカップだけでどこまでやれるか、と逆に持ち物を減らす喜びを追いかけるようになるそうです。

そういう人は、「持っていくものが少なければ少なくなるほど自然と一体になれる」と言うそうです。

なんとなくわかります。

 

f:id:tonikakuganbaru:20190504141105j:plain

 

なぜ隠れ家が好きなのか?

 

何ででしょう?

現代のストレス社会の中で、自分だけのスペースで落ち着きたいのか、人付き合いに疲れたのか、もともと引きこもりの素質があったのか・・・

 

人は皆、目に見えない自分だけの「結界」を持っています。

私の場合、ちょうど手を伸ばした距離です。

そこから内側に入ってこられると極度に緊張します。

ところが、満員電車などでお互いの結界など平気でぶち破ってこられる生活を続けていると、もともと持っている感覚が麻痺してしまうんです。

その麻痺した感覚を本能が取り戻そうとして隠れ家に向かうのです。

(注)このことを家人に話したところ、ものすごく呆れた顔をして去っていきました。

 

そういえば、近年特にワンコ好きになった理由として、「人間は油断できないもの」

「人間をすぐ信用してはいけない」「人間は簡単に相手を裏切るもの」など人に対する負のイメージが歳とともに増幅するのに対して(あくまで私の場合です。やっぱり疲れがたまってるのかな。)、ワンコとの間にできる「無償の愛」を感じる時の幸福感に勝るものはこの世にはない、という確信から来ているんだと思います。

 

ああ、すべてを投げ出して無人島に行きたい。

それが叶わないなら、隠れ家を作ってもぐりこみたい。

もちろん大好きなワンコ達を連れて。

両脇に温かみを感じながらぐっすり寝たい・・・

 

すみません

 

結論を言いますと、私、休みが続いてボーとしてると、こんなことを考えるただの小市民なんです。(笑)

 

だから取り留めのないことを書いてしまいました。

 

ただ、普段から何気なく思っていたことが、こういう時にグーっと湧き出るのかもしれません。

 

自分のライフスタイルの方向性はシンプルなものへと向かって行ってるのも間違いありません。

 

これからの自分のライフスタイルに大きな家は必要ないと考えています。

 

持ち物も必要なものが最小限あれば、という感じです。

 

ワンコを減らす気はありませんが。

 

もう少し頭を整理して、また進展があったら報告します。

 

f:id:tonikakuganbaru:20190504141202j:plain

通院・災害時でもペットを思いやれるリュック【ペットキャリー GRAMP】

 水浴びが好きなの? に続く