フレンチブルドッグの健康と体調は食事とおやつで管理しよう!

フレンチブルドッグ、通称フレブルは体調を崩しやすい犬です。ヘルニア、股関節の異常、皮膚炎、食物アレルギーなど放っておいたら悪化します。自宅での食生活や運動、サプリメントで早めの健康管理をしておけばペット病院に行く機会を減らします。普段の心がけが大切です。

子ブヒの成長に見る国際情勢

切っても切れないフレンチブルドッグと飼い主の温かい関係 の続き

新年明けましておめでとうございます。

歳を重ねるにつれて、月日の早さに驚くようになりました。

本当に1年ってあっという間ですね。

 

もっとびっくりするのが、我が家の子ブヒ(オスの双子フォーン)の成長スピードです。

双子なのに1頭は父親似で、もう1頭は母親似です。

生まれた時は手のひらに乗るほどの小ささだったのが、今年は2歳になろうとしています。

参考:フレンチブルドッグは生後10週目までがムチャカワイイ!

 

兄貴は体は父親と見分けがつかず、顔は父親より大きくなりました。

もう子ブヒなどと呼んでられません。

弟はちょっとスカシタ性格でしたが、最近急に甘えん坊になりました。

 

f:id:tonikakuganbaru:20180105163735j:plain

 

全部で6頭がすべて大人の体格になりました。

 

そのうち4頭がフォーン族です。

 

人間社会と同じだな、と思うのが、数が多い方が権力を握るということです。

パイドやブリンドルを完全に支配下に置こうとします。

手口は同じです。

パイドやプリンドルのどちらかをあらかじめ絞って狙います。

今回はブリンドルでした。

最初に弟が鉄砲玉になり、ちょっかいを出します。

先輩格のブリンドルは軽くあしらいます。相手にしません。

そこに兄貴が加勢します。

ふたりがかりで吠えながら部屋の隅に追い込みます。

いくら気の優しいブリンドルもさすがに頭にきて逆襲します。

2頭の双子がひるんだその瞬間を父親と母親が見逃しません。

一気に4頭で囲みます。

1対1なら互角以上の戦いができるブリンドルも、さすがに多勢に無勢、音を上げてしまいます。

 

ブリンドルにしてみれば、その昔は平和であった国が、フォーン族が移民として入ってきて勢力を拡大し、いつの間にか隅に追いやられるという状況です。

 

庇を貸して母屋を取られる、のことわざ通りです。

 

f:id:tonikakuganbaru:20180105164021j:plain

 

こういう光景を見るたびに思います。

犬には人間のように年上を敬うという頭がまるでありません。

あるのは「こいつには勝てるかどうか」の1点です。

 

少しは先輩に敬意を払い、長老の言葉に耳を傾けたらどうだ、と言いますが、まるでわかってくれません。(当たり前ですね)

 

こういうことに気が付くのも多頭飼いの面白さです。

 

フレンチブルドッグの顔を見ていると、つい「こいつは人間じゃないか」と思ってしまうことがあります。

「俺の言ってること、本当は解ってんだろ」と言ってしまいます。

 

でも、やはり「犬」です。

人間ではありません。

 

正月ボケでまったりとしてテレビを見ると、西欧諸国の移民問題をやってました。

「うんうん、よくわかるよ。我が家のリビングでも同じ状況だよ」

 

今日は何が言いたかったかと言いますと、

たまってた仕事や家事をやらないといけないのに、6頭のブヒに抱き着かれて、その悪魔的な温かさに身動きが取れず、ずるずると時間が過ぎていくあせりと、もういいや、という投げやりな気持ちをお伝えしたかったのです。

 

さっきまでケンカしてたフォーン族とブリンドルもべったり引っ付いて膝の上にいます。

 

まあこういう日が年に数回あってもバチは当たらないでしょう。

至福の時でした。

 

f:id:tonikakuganbaru:20180105164145j:plain