読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フレンチブルドッグの健康と体調は食事とおやつで管理しよう!

フレンチブルドッグ、通称フレブルは体調を崩しやすい犬です。ヘルニア、股関節の異常、皮膚炎、食物アレルギーなど放っておいたら悪化します。自宅での食生活や運動、サプリメントで早めの健康管理をしておけばペット病院に行く機会を減らします。普段の心がけが大切です。

フレンチブルドッグにとって最適な環境は、都会?田舎?それとも・・・

飼い主が教えること。フレンチブルドッグが教えること。 の続き

 

愛犬と一緒に住むならどこがベストか?

犬を飼っている人なら一度ならず何度も考えたことがあるはず。

もし仕事の都合やしがらみがなかったら、どこが一番いいのか。

10人の飼い主に聞けば、まず一つにまとまることはないでしょう。

なぜなら理想とするイメージがまさに10人10色だからです。

 

犬に向いてるのは、やはり田舎か。

山でも海沿いでも、自然に囲まれて空気のおいしいところ。

そりゃいいでしょう。

年に数回、山の中のドッグランに連れていくと、わがやのブヒどもは大喜びです。

喜び方は半端じゃありません。

「ウオー、自由だ!解放されたぞ、ヤッター!」という気持ちを体全体で表します。

 

肉球の感触もいいみたいで、

「これだよこれ、この感じ。やはり土や芝はいいな。走りやすいし止まりやすい。忘れてた感触を思いだしたよ。お願いしますよダンナ、毎日ここに来させてくださいよ。」

と言わんばかりの目を向けてきます。

多分そう言ってるんでしょう。

 

あまりはしゃぎすぎて過呼吸になってゼーゼー言いながらも、水を飲んだらまた戦闘開始。

ホント、ブヒにとっては盆と正月とクリスマスとバレンタインデーが一度に来た感じです。

 

f:id:tonikakuganbaru:20161024152727j:plain

 

そんな楽しい自然ですが、もしずっと住み続けるとなると、不都合はないのでしょうか。

人間でも山や海でたまに遭難したニュースを見ることがあります。

晴れた日ばかりではありません。

雨の日や風の日、台風の日もあります。

一旦自然が猛威を振るうと恐ろしいものです。

そりゃ台風の日に散歩に出たりはしませんが、ちょっと自然がへそを曲げただけでフレンチブルドッグなどひとたまりもありません。

田舎のあぜ道を1匹で歩いているのを、フレブルを知らない田舎の人が見たら、太ったタヌキかブタと間違えられ、撃たれるかも・・・(笑)

何があるかわかりません。

 

 

それでなくても見たこともない草を食べて吐いたり下痢したりは日常的なこと。

蛇やマムシもいれば、ヒルに血を吸われたり、街では出会わない強力な虫もいます。

そんな時、街に住んでればすぐ獣医さんに診てもらえるものが、片道1時間かけて病院に向かう途中で容態が急変、ということもデリケートなブヒにはあり得ます。

1年に数回、天気のいい日に行くだけではわからない厳しさが自然にはあるみたいです。

 

f:id:tonikakuganbaru:20161024152805j:plain

フレンチブルドッグは、やはりハイソな都会向き? 

一方都市部の街中はどうでしょう。

もともとが、おフランス生まれのパリっ子であるフレンチブルドッグです。

おしゃれな通りを、ちょっとキュートなブサカワ犬が歩くのは、街行く人の目を引くことは必然でしょう。

私も以前、本場パリでフレブルが歩いているのを見たことがありますが、それはもう、「ピタッとはまった」感じでした。

 

飼い主の自尊心をくすぐるのはもちろんのこと、短時間の散歩で充分な犬なので長く歩く必要はありません。

多分、実際には、普段は室内で夏はクーラー、冬は暖房が効いた状態で生活し、近所で散歩をして、たまに車で公園やおしゃれなカフェに連れて行ってもらう。

絵に描いたような「ボンボン」や「お嬢」のライフスタイルが似合うのもフレンチブルドッグならではです。

 

実際、都会の生活というのは犬にはどうなんでしょう?

人間と同じようにストレスを感じることがあるんでしょうか?

散歩一つとってみても、広い歩道があってゆっくりと歩ければいいのでしょうが、歩道のないような道で、すぐ横を自動車が猛スピードで通り過ぎていくのなら、犬も落ち着かないでしょう。

自転車が急に飛び出してきてぶつかりそうになる事もあるかも。

 

f:id:tonikakuganbaru:20161024152903j:plain

都会は思いのほか「音だらけ」です。

クラクションやブザー、サイレンなど騒音の中で生活しています。

人間よりも音に敏感な犬にとって、都会はかなり騒々しい所でしょう。

都会に適応するには、盲導犬のように特殊な訓練が必要な時代が来るかもしれません。

 

その反面、ケガをしたり、急に体調を崩しても、ペット病院を見つけやすく、田舎より安心です。

ペットシーツやドッグフードなど日常品も近場で買いやすいでしょう。

 

じゃあどっちが住みやすいんでしょうか?

それぞれ一長一短あって、どちらがいいとは一概に言えないようです。

これでは、フレンチブルドッグにとって住みやすいところを考えてるつもりが、いつの間にか人間にとってどっちが住みやすいかを考えてる感じですね。

 

そうなですよね、犬には良くて人間には悪い所や、犬には悪いけど人間には良い所なんてあるわけなく、犬にとって住みやすい環境は、人間にとっても良い所なんです。

 

案外、犬のことを考えなくても、飼い主が「ここなら住みやすそうだな」と思った所は犬にも安らげる場所のような気がします。

 

f:id:tonikakuganbaru:20161024152933j:plain

 

 フレンチブルドッグの避妊・去勢を思う に続く