フレンチブルドッグの健康と体調は食事とおやつで管理しよう!

フレンチブルドッグ、通称フレブルは体調を崩しやすい犬です。ヘルニア、股関節の異常、皮膚炎、食物アレルギーなど放っておいたら悪化します。自宅での食生活や運動、サプリメントで早めの健康管理をしておけばペット病院に行く機会を減らします。普段の心がけが大切です。

苦労しない選び方。フレンチブルドッグとの相性を探る!

みなさんはどうやって愛犬を選びましたか?

すべての人が覚えているはずです。

忘れるわけないですね。

 

画像を見た時の第一印象で決めましたか?

血統を第一にしましたか?

性別を第一にしましたか?

ブリーダーで選びましたか?

 

何かあったはずです。この子に決めよう!と決心した理由があったはずです。

しっかり覚えていますか?

 

f:id:tonikakuganbaru:20151225132928j:plain

 

日々愛犬と接するとき自分に言い聞かせることです。「あれがよくてこの子に決めたんだよね」と。

 

ちょっと聞きづらいんですが、当たりでしたか?それともハズレでしたか?

今となってはどうでもいいことですね。どんな子だろうと一緒に住んでれば情が移ります。「あばたもえくぼ」になりますし、うちの子のように「馬鹿な子ほどかわいい」状態になりますから。

 

でも、最初の予想どうりだったかどうかを改めて考えてみてください。

 

こんな人いませんか?

 

第一印象で、「なんてかわいいんだ!きっときれいで美人になるぞ!」と思っていたのが、1年たって、ワンワン吠えるし部屋は散らかすし、しかると逆に噛みついてくるし、近所からは苦情が来るし、こんな頑固でわがままな犬だとは思わなかった。

 

活発で元気そうな子だったのに、小さいころから下痢が治らないし嘔吐はするし、毎週病院に行って治まったと思ったらアトピーになるし、金はかかるし手はかかるし、まさかここまでとは・・・。

 

血統でチャンピオン犬の子供だったので間違いないと思ってたけど、ぜんぜんかわいくない。こんなんだったら高い金払って買うんじゃなかった。だれか引き取ってくれないかな。

 

もともとタダでもらった犬なんで、そんなに期待してなかったけど、番犬にでもなってくれればいいと思ってたのがまったく吠えない鳴かない。はずれでした。

 

耳にしたことがあるような話でしたが、よくある話かもしれません。

 

まだまだこの程度の飼い主はたくさんおられるようです。

 

f:id:tonikakuganbaru:20151225133005j:plain

 

選ぶということは、「期待をする」という気持ちが入ります。

期待をすると、時に自分の努力を棚に上げてしまいます。

期待どおりならいいんですが、期待外れの時は余計に落ち込むものです。

 

犬に初めからいい子はいません。

 

でも、相性のいい子はいます。

そんなに苦労しなくてもいい子に育ってくれた、という子は現実にはいます。

 

私の場合、いろんなフレンチブルドッグと出会いましたが、初めからしっくりいく子はあるパターンがありました。

 

それは、「呼んだら来る子」でした。

 

たったっこれだけです。ブリーダーさんのお宅で子犬を3~4匹見てどれにするか決めかねてる時は、とにかく「呼んだら来る子」に決めました。

 

現在まで確率100%です。これで選んだ子は全部OKでした。

 

しかし私も人間です。そうは言っても見た目や血統で「呼んでも来ない子」を連れて帰ったこともあります。

 

結果は・・・・相当苦労しました。

 

でも後悔したかって?

 

これがフレンチブルドッグの魅力なんでしょうか、今では、「よくぞ我が家にやってきた!」状態です。

 

「人それぞれ」という言葉があるように、「犬それぞれ」もありです!

 

「失敗したな」と思った人も、その子との縁を感じてください。

 

縁があるからあなたのところに来たのです。

 

f:id:tonikakuganbaru:20151225133129j:plain