読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フレンチブルドッグの健康と体調は食事とおやつで管理しよう!

フレンチブルドッグ、通称フレブルは体調を崩しやすい犬です。ヘルニア、股関節の異常、皮膚炎、食物アレルギーなど放っておいたら悪化します。自宅での食生活や運動、サプリメントで早めの健康管理をしておけばペット病院に行く機会を減らします。普段の心がけが大切です。

フレンチブルドッグと食フン。食事の原材料の見直しを!

フレンチブルドッグが食フンすることはよく耳にします。

直接的な原因ははっきりしません。興味本位や遊び気分で食べる犬もいるでしょう。

なんでわざわざ食べたカスであるフンをまた食べるのか一度聞いてみたいです。

 

ただ一つだけ「ひょっとしたら」と気になることがあります。それは、

食べる前のドッグフードに入ってなくて、それを補おうとしてフンを食べるのか?と。

大抵のドッグフードは「ドライフード」といって高温乾燥したものです。

湿気を取って長期保存出来る状態で製造します。

残念なことがあって、生の食べ物には「酵素」が存在します。

ここで言う酵素は食べ物に含まれる「食物酵素」のことです。

食物酵素は生の魚や野菜、納豆やみそなどの発酵食品に含まれ、体内に取り入れた栄養素をうまくエネルギーに変えてくれます。

免疫力もついて病気の予防になる優れものですが、その酵素は温度が48度以上になるとなくなってしまいます。

ドライフードは製造過程で高温加熱処理をします。

残念ながら市販のドライのドッグフードにはほとんど酵素が存在してません

 

犬はそれほどバカな動物ではありません。(うちのフレンチブルドッグも含めます)

自分の体の調子を整えるために、本能的に目的があって食フンしてるのでは、という気がするんです。(全く個人的な主観ですが)

もっともフンの中に消化酵素か食物酵素か何か残ってるのを見たことがある訳じゃありませんが。

 

こと酵素に関て言えば、缶詰に入ったウエットタイプか高温乾燥しない半生タイプがいいでしょう。

ドライフードにもこの点に気を使った製品があります。

今食べさせているドッグフードを変えたくないのであれば、酵素サプリメントを足して補ってやるのもいいでしょう。

 

うちのフレンチブルドッグ酵素サプリメントを足したドッグフードに変えたところ、最初の1週間や2週間は何の変化もありませんでした

 

ですが、2か月ぐらいったった時からしっかりした、いい感じのフンをするようになり、臭いもあまりきつくなく、3カ月したら、表現に困りますが、「いい感じ」になりました

 

薬を飲んだ時のような劇的な変化はありません。

毎日接している飼い主でなければわからないような、自然で緩やかな変化です。

「病気が治った」というよりも、「体質が変わった」という感じです。

 

この状態になったら、うちのフレンチブルドッグフンに対して以前のような執着心を見せなくなりました

たまにフンをじっと見つめて、遊ぼうとするしぐさをしても、以前のようながむしゃらさはなく、余裕を持って取り上げれます。

 

皆さんの中で食フンで困っておられる方は一度試してみたらどうでしょう。

 

f:id:tonikakuganbaru:20151201164427j:plain