読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フレンチブルドッグの健康と体調は食事とおやつで管理しよう!

フレンチブルドッグ、通称フレブルは体調を崩しやすい犬です。ヘルニア、股関節の異常、皮膚炎、食物アレルギーなど放っておいたら悪化します。自宅での食生活や運動、サプリメントで早めの健康管理をしておけばペット病院に行く機会を減らします。普段の心がけが大切です。

フレンチブルドッグとの生活

フレンチブルドッグで見える我が家の消費動向

普段からの心がけ。フレンチブルドッグの危機管理 の続き ご無沙汰しています。 いつの間にか春ですね。 子ブヒも大きくなり、親と見分けがつかなくなりました。 ブヒたちも春の訪れを感じています。 なぜわかるかって? 窓を開けたとき、窓まで駆け寄り、盛…

普段からの心掛け。フレンチブルドッグの危機管理

フレンチブルドッグは心配さえも楽しむ気持ちが大切 の続き 毎日いろいろなことを起こしてくれる我が家の6頭のフレンチブルドッグ。 次から次と高波が襲ってくる大海原にいる感じです。 先日もブリンドルが何か見た目がおかしいな、と思ってよく見ると耳の一…

新しい年に思うこと。フレンチブルドッグとの生活に適した家とは

フレンチブルドッグに向いたペット保険選びのポイント の続き 新しい年になりました。 皆さんいかがお過ごしですか。 我が家はいい意味で「年末の次の日」ですね。 とりたてて寝正月になることなくブヒと散歩に出ました。 犬を飼いだして身に付けた、「人混…

フレンチブルドッグに向いたペット保険選びのポイント

フレンチブルドッグに向いた職業は何だろう? の続き 12月になりました。 1年って早いものですね。 フレンチブルドッグにとっては、あの暑い夏をいかに乗り切るかが1年のポイントでした。 我が家の場合、冬の散歩はハーハーゼーゼー言わないし、快適そのもの…

フレンチブルドッグに向いた職業はなんだろう?

フレンチブルドッグの避妊・去勢を思う の続き なぜフレブルのファンになってしまったのか? ブヒ愛好家の人ならこの「なってしまった」の意味が身にしみてわかると思います。 飼う気になったということは、第一印象で何か魅力を感じたから。 飼っているうち…

フレンチブルドッグにとって最適な環境は、都会?田舎?それとも・・・

飼い主が教えること。フレンチブルドッグが教えること。 の続き 愛犬と一緒に住むならどこがベストか? 犬を飼っている人なら一度ならず何度も考えたことがあるはず。 もし仕事の都合やしがらみがなかったら、どこが一番いいのか。 10人の飼い主に聞けば、…

飼い主が教えること。フレンチブルドッグが教えること。

フレンチブルドッグと他の動物の寿命を考える の続き 我が家も多頭飼いの道を進むようになりました。 1頭飼いでは見えなかったことが見えてきます。 改めて、犬は群れで生きる動物なんだな、と確信しました。 意外というか感心したことがあって、対人間、対…

あらためて考えました。なぜフレンチブルドッグを選んだのだろう?

フレンチブルドッグも人もつらい尿路結石 の続き フッと頭に浮かんだんです。 ゆっくりソファでくつろいでいた時に。 初めてフレンチブルドッグを買ったときに、たくさんある犬種の中で、なぜフレンチブルドッグを選んだんだろう、と。 あれ、なんでだっけ。…

フレンチブルドッグと猫の相性は良くない?

お父さんもびっくりの、現代フレンチブルドッグ治療 の続き 皆さん知ってましたか? フレンチブルドッグと猫は相性が良くないかもしれないことを。 ビックリしますね。 「え、なに、どういうこと? フレンチブルドッグと猫って犬とサルみたいな関係なの? 目…

噛むフレンチブルドッグは恐いですか?

フレンチブルドッグの気になる病気 の続き たまにサイトで目にします。「我が家のフレンチブルドッグが噛んでこまっています」と。 この「噛む」という言葉は室内にある家具を噛む場合と、人に噛みつく場合とに分かれます。 上のようなコメントならまだいい…

不謹慎ながら、もし自分が犬をデザインするなら。

日本にいる和犬、柴犬や紀州犬、甲斐犬、秋田犬などは、ほぼ原種のままです。 祖先である狼の体形や気質を比較的ストレートに受け継いでいます。 これには日本人の気質もあるのでしょう。 日本人はもともとのあるがままの自然を大切にします。 家でも、無垢…

フレンチブルドッグといるだけで結構幸せだったりして

連休中に何もすることがなくて、ぼーっとしてた時のことでした。 ふと頭をよぎったのです。 あれっ、自分は何をやりたかったっけ、何かあったかな? 何かって、やりたいこと、やると楽しいこと、できるとうれしいこと。 あったかな。 まだ行ったことのない街…

人もフレンチブルドッグも付き合ってこそわかる味がある

フレンチブルドッグを連れて散歩に出るといろんな人に出会います。 すれ違うほんの一瞬でも相手の気持ちが伝わってきます。 この人は犬好きか嫌いか、フレンチブルドッを初めて見た人かそうでないか。 見た瞬間恐そうな表情をする人もいれば、にこやかに寄っ…

フレンチブルドッグにとってベストシーズンとは

厳しく寒い冬が去って、桜の咲く季節になりました。 雪が降っても犬は外を駆け回り、猫はこたつで丸くなるのは昔の話。 我が家のブヒは冬はストーブの前やこたつの中から動こうとせず、 夏は夏で、冷房の効いた部屋から出ようものなら、この世の終わりのよう…

ついにやってしまった禁断のフレンチブルドッグ・・・・

ついにやってしまいました。 禁断の果実に手を出してしまいました。 我が家ではタブーとされていることを。 かみさんから、「それだけはやめて!」と言われ続けていました。 自分でも、「これ、くせになったらやばいな」と思ってました。 誘惑は以前からあり…

人付き合いのコツはシンプルにフレンチブルドッグから会得する

人間だれしも長年生きていると人付き合いのコツのようなものをつかむものです。 もともと天性の勘を備えた人は別にして、ほとんどの人は経験から身に着けます。 その時はわからなくても後で共通点を発見し、「なるほど、そうだな。」とデータを貯めていきま…

1頭飼いと多頭飼い。フレンチブルドッグに向いているのはどっち?

飼い主の経済状況や住環境もあります。 もし許されるのなら多頭飼いをお勧めします。 犬はもともと集団で生活していました。 集団の中でどう立ち回るか生まれながらに身についています。 飼い主である人間が一番上に立つ。 その上で集団としての犬をコントロ…

老いとの付き合い。いつか来るフレンチブルドッグとの別れ。

誰にでも最後は別れが来ます。 愛犬との別れはつらいものです。 自分が先に死んだほうが楽なんでしょうが、死んだ後でも愛犬が心配になるものです。 愛犬が死ぬ原因の第一はやはり「老い」です。 歳とともにだんだん体力が衰えて、抵抗力もなくなり、病気に…

我が家の医療費はフレンチブルドッグがダントツ!

フレンチブルドッグの医療費ってすごいですね。 金のかかり方が半端じゃないです。 普通の犬なんです。普通の犬なんですよ。 机の上にたまったペット病院の領収書の山。 一つ一つはありふれた理由での診察です。そんな大怪我や奇病でという訳ではありません…

苦労しない選び方。フレンチブルドッグとの相性を探る!

みなさんはどうやって愛犬を選びましたか? すべての人が覚えているはずです。 忘れるわけないですね。 画像を見た時の第一印象で決めましたか? 血統を第一にしましたか? 性別を第一にしましたか? ブリーダーで選びましたか? 何かあったはずです。この子…

写真を取ろう!意外にわかるフレンチブルドッグの体調の変化。

愛犬の写真を見て、「あれ?」と思ったことありませんか? 毎日顔を合わせていると気がつかないことが、写真を取って見ると、 「うちの子ってこんな感じだったっけ?」と気になって1年前の写真と比べてみる。 見ると、昔なかった目の下のクマや、毛ヅヤの変…