フレンチブルドッグの健康と体調は食事とおやつで管理しよう!

フレンチブルドッグ、通称フレブルは体調を崩しやすい犬です。ヘルニア、股関節の異常、皮膚炎、食物アレルギーなど放っておいたら悪化します。自宅での食生活や運動、サプリメントで早めの健康管理をしておけばペット病院に行く機会を減らします。普段の心がけが大切です。

2016-01-03から1日間の記事一覧

1頭飼いと多頭飼い。フレンチブルドッグに向いているのはどっち?

飼い主の経済状況や住環境もあります。 もし許されるのなら多頭飼いをお勧めします。 犬はもともと集団で生活していました。 集団の中でどう立ち回るか生まれながらに身についています。 飼い主である人間が一番上に立つ。 その上で集団としての犬をコントロ…

フレンチブルドッグのしつけその2。 で、どっちがいいの?

天性と努力。どっちのタイプがいいのか? 一番いいのは天性のある人が努力することですが、まずあり得ません。 天性のある人は努力しなくても、その場その場での感が働きます。 犬がなにを考えているかを読み取る力を持っています。 努力する必要がありませ…

フレンチブルドッグのしつけその1。飼い主のタイプは二つに分かれる。

犬に対するイメージで大きく分かれるしつけ方 犬のしつけのうまい人を見ると大きく二つのタイプに分かれます。 天性が向いてる人と努力してうまくなったひとです。 天性が向いてる人はまずぱっと見てオーラがあります。 穏やかでゆったりしてても、有無を言…

老いとの付き合い。いつか来るフレンチブルドッグとの別れ。

誰にでも最後は別れが来ます。 愛犬との別れはつらいものです。 自分が先に死んだほうが楽なんでしょうが、死んだ後でも愛犬が心配になるものです。 愛犬が死ぬ原因の第一はやはり「老い」です。 歳とともにだんだん体力が衰えて、抵抗力もなくなり、病気に…

フレンチブルドッグは「噛む」ことも本能のひとつ。

フレンチブルドッグは「噛む」ことに固執します。 乱暴な気質で辺り構わず人を噛む、という意味ではありません。 穏やかで人懐っこい犬です。ですが、 フレンチブルドッグには闘犬の血が入ってます。 前に書いた本能の一つを発散する「ブヒレス」と同様に、…

フレンチブルドッグの健康状態はフンでわかる。

健康状態が一番わかりやすいのはフンを見ることです。 獣医さんでもない普通の人が愛犬の健康状態をチェックするのに最もわかりやすいのがフンです。 フンには個体差があります。 同じ犬種でも同じエサを食べていても、みんな微妙に違います。 一般的には色…