フレンチブルドッグの健康と体調は食事とおやつで管理しよう!

フレンチブルドッグ、通称フレブルは体調を崩しやすい犬です。ヘルニア、股関節の異常、皮膚炎、食物アレルギーなど放っておいたら悪化します。自宅での食生活や運動、サプリメントで早めの健康管理をしておけばペット病院に行く機会を減らします。普段の心がけが大切です。

切っても切れないフレンチブルドッグと飼い主の暖かい関係

今年も夏をあきらめて。愛しの犬たちよ。の続き

 秋らしくなってきましたね。

この季節、犬を飼っている人はある意味至福の時でもあります。

少し肌寒くなってきて、ストーブを点けるほどではないけど、あったかいものが欲しい時、犬の温かみは唯一無二、何とも言えないベストな温かみなのであります。

 

犬の体温はどのくらいなのか?

人間の体温を36.5度とすれば、それより2~3度高いあたりでしょうか、いくら長時間べたーと引っ付いていても、ホッカイロのように低温やけどにはなりません。

温かいけど熱くはないのです。

 

全く神さまは良いところの温度差を作ったものです。

この微妙な温度差が、人間と犬が永く付き合ってきた原因の一つかもしれません。

昔の人が寒い冬に洞くつで寝る時、隣りに犬がいるときのありがたみは安易に想像がつきます。

もし犬が人間より低い体温だったり、あまりにも硬くてゴワゴワした毛だったら、これほどの仲にはなってなかったと思います。

 

f:id:tonikakuganbaru:20171030155051j:plain

 

私事ですが、多頭飼いを始めてから人との付き合う時間が減ってきました。

ゼロではないですよ。

ゼロだと社会生活をしてないことになります。

それはそれで問題があります。

昔に比べて相対的に減ってきた感じです。

というよりも、本当に会いたい人、会うべき人と効率よく付き合うようになったという意味です。

まあ犬の世話に時間がとられる生活を選んだわけで、これは大満足してます。

それに、気付いたのですが、人と会わなくても「人恋しさ」をさほど感じないのです。

犬の温かみがそれを包み込んでいるのでしょうか。

人のように、どこかに緊張感と気疲れをため込むこともありません。

私も人生でいろんな選択をしてきましたが、フレブルの多頭飼いは大正解の選択でしたね。

 

先日、寒くなるニュースが入ってきました。

ご存知の方もおられるでしょうが、韓国で芸能人の飼っているフレンチブルドッグが女性に噛みついた事件です。

その女性はその後亡くなられました。

何とも痛ましい事件でした。

マンションのエレベーターにいた女性に、いきなりノーリードのフレブルが入ってきて女性の足に噛みついたということです。

太い血管に菌が入って敗血症になったのが原因のようです。

 

いったい何があったのか、どういう状況だったのか。

もともと噛み癖のある犬だったとも。

飼い主のしつけはどうしてたのか。

そもそもなぜノーリードになってたのか。

世界中のフレブルを愛する私にとっては、少しでもこのフレブルの味方に付いてやれるポイントがないかと思いましたが、いかんせん亡くなられていてはどうしようもありません。

フレンチブルドッグの飼い主の一人として、きちんと正面から受け止めなければいけない事件でした。

 

自然には四季があります。

暑い日があれば寒い日もあります。

人の生活にも温かい日があれば、寒い日もあります(体感、ふところ具合、心など)。

特に寒くなってきたときは、犬の温かみで凌いでいきましょう。

暖房器具と違って、心まで温かくなります。

我が家など、6頭もいるおかげでリビングはポカポカです。

ふところは寒いですけど。 

 

f:id:tonikakuganbaru:20171030155209j:plain